ドイツ 花粉症の薬と対策

6 sec read

ドイツ 花粉症の薬と対策について。 花粉症、日本だけのアレルギーだと思っていましたか? いえ、ドイツにもばっちりあります。日本でスギ花粉に悩まされていたアナタ。 ドイツはスギ少ないし!花粉症から解放されるラッキーーー! と思ったのもつかの間。 花粉系のアレルギーとは、ある一定量を超えると、スギ以外の他の植物にも反応を出し始める時が来るのです。 ※ドイツ移住1年目は花粉症の症状は何もなかった。という話をよく聞きます。 そして、ドイツ特有?の花粉症についての症状についてですが。 ドイツの花粉、飛ぶ範囲が狭いものが多く、私の体感では、ある地域に行ったときだけ、激しい症状が出て、そこを離れたとたん、ぴたりと治る。ということを何度も経験しました。 例)ゲレスハイムのバウハウスに買物に行ったとたん、涙が出だし、鼻水とくしゃみが止まらなくなり、デュッセルドルフのアルトシュタットに戻ったらケロリと治るなどなど。 どんな特色のあるドイツの花粉症。 ここでは、ドイツならではの花粉対策と薬、おススメの花粉対策、薬屋さんの利用方法などをご紹介します。
マメ知識→ Birkeビルケ(日本語でシラカバ属の木のこと。ドイツでシラカバ 花粉といえばビルケといった感じです)3~5月初めごろ、Graserグラーサー(イネ科植物)などがドイツでいう日本のスギのようなメジャーな花粉どころ、 今日の花粉状況は下のリンクから飛べます。 今日のデュッセルドルフの花粉状況
ドイツで花粉症対策 おススメ1 ホメオパシーの薬

花粉症の薬1ホメオパシーの薬 花粉症ホメオパシーの薬 その名も「Heuschunupfenmittel」ハウスシュヌップヒェンミッテル
こちらカタカナで書くとどうにもこうにもややこしいですが、
もし面倒な方は、この画像を見せて、これちょうだい!って薬局で言ってみてください。
こちらホメオパシーの薬で、少量の花粉を身体に取り入れることで、身体がアレルギー反応をしなくなるという、 理論に元ついた、お薬。
街で見かける Apotekeアポテケって看板のある薬局で買えます。
もしもない場合は、今日の五時までに取り寄せるよーなどと、取り寄せサービスがあったりするのもドイツの薬局の特徴。
ホメオパシー(漢字表記では同質療法、同種療法、独: Homoopathie、英: homeopathy, homoeopathy、)とは、「その病気や症状を起こしうる薬(やもの)を使って、その病気や症状を治すことができる」という原理のもと、1796年にザムエル・ハーネマンが提唱した。

上記お薬、MAX一時間に1錠、一日に6錠までの摂取量を守ってください。 舌の上に載せるか、歯の奥の隙間に入れて、じんわり溶けるのを待つという接種法をおススメされました。 価格は100錠入りで15.95ユーロ。MAXで使うと約15日分の量ですね。 こちら、日本にお土産で持って行っても、スギ花粉対策薬ユーザーに大好評なのです。 ホメオパシーという言葉は日本ではあまりメジャーではないのですが、ドイツでは普通に薬局で手に入るほどメジャーな療法です。 花粉症とは、身体の中に無い異物(花粉)に対して、体内に入ってくると排除反応が起きすぎる!という仕組みで起こるもの。 ホメオパシーの考え、身体の中に同種のものをとーーーっても薄めた、ものを摂取して、「ソレ」を治癒する。 このホメオパシーの考え方と、花粉症の仕組みが見事に一致しているため、よく効くのだと思います。 日本ではあまり聞きなれない療法ですが、、、 、 ホメオパシーにする?普通の薬にする?という選択肢がドイツの薬局にはあるのです。ドイツならではのこちらの花粉症対策、一度試してみては?
ドイツ花粉症の薬 おススメ 1
  • Heuschunupfenmittel (Homoopathisches)
  • 価格:100錠 15.95ユーロ
  • 街のApoteke薬局で買えます
ドイツで花粉症対策 おススメ2 抗ヒスタミンの薬

花粉症対策 ドイツ こちら、日本でもお馴染み抗ヒスタミンの薬、ロラタジン配合。 ホメオパシーの上の薬がないときは、こちらで代用しています。一日1回の摂取がMAXで、鼻水やくしゃみなどの症状が和らぎます。 そのうえ価格がお安い。20錠入りで、2.5ユーロ。20日分で2.5ユーロということは上のホメオパシー薬よりずいぶんと、お値打ち、、 ですが、やはり、こちらはお薬。副作用的に喉が渇いたりします。そして、妊婦さんはホメオパシーの薬を使用した方が良いと思います。
ロラタジンは、持続性選択ヒスタミンH1受容体拮抗薬で、アレルギー性鼻炎や蕁麻疹・皮膚湿疹に用いられる。商品名クラリチン。また日本で2017年より一般用医薬品も発売。肝臓のCYP3A4、2D6によって代謝され活性成分となるが、このデスロラタジンには代謝の競合はなく、続いて医薬品として承認された
ドイツ花粉症の薬 おススメ 2
  • Lora-ADGC ロラ ADGC アレルギー薬
  • 20錠 2.5ユーロ
  • 街の薬局で買えます。
ドイツで花粉症対策 おススメ3 dmのマスク

ドイツであまり見かけない物、それは、マスク!
ドイツでは、顔を隠したり、頭を隠したりしたりした状態で、銀行に入るのはNG
覆面してると怪しいと思われるのですねー。 マスクもしかり。
マスクをした状態で、街を歩いているとじろじろ見られ、挙句の果てに、「重い病気なの?」などと聞かれることも。
しかし花粉症の時期、寝るときなどにもマスクってしたいな。と思いますよね。
花粉症対策 ドイツ
そんな時、dm(ドラッグストア)にある、DAS gesunde PLUSシリーズの Mundschutz(ムンドシュッツ)1.95ユーロが
、簡単に手に入りやすく大活躍。

ドイツ花粉症の薬・対策 おススメ 3
ドイツで花粉症対策 おススメ4 ダイソンの空気清浄機

花粉の薬も飲んだ、マスクもした、家にこもってみた、それでも苦しい花粉症!!に悩まされているあなた。
ダイソンの空気清浄機がおススメ!
部屋中を閉め切って、空気清浄機を全開で稼働させておけば、ドイツの花粉は乗り切れます。
ちなみに部屋のダストなども吸い取ってくれるこの優れもの。

ダイソンアプリがまた優れもので、お部屋にいない間も、お部屋の空気を守ってくれます。
今日の部屋の気温や、住んでいる町の周辺の空気の汚れ具合や、外の気温。 花粉の量も実況してくれる、ありがたーい。アプリ!!

ドイツで花粉症対策 おススメ 4
  • ダイソン 空気清浄機
  • 買える場所:ダイソン公式ショップや、Mediamarktなどの家電店、Amazonなどでは価格が少しお得に!
ドイツで花粉症 薬と対策 おススメ まとめ

日本から脱出して、スギ花粉症から解放された!と思ったらドイツの花粉たちに悩まされているあなた。
対策も、お薬も、ドイツでの花粉症にぴったりな対策を見つけて、日本特有の花粉、スギ花粉対策とは一味違った違う花粉症対策、してみませんか?
ドイツでの花粉症対策ポイントは
1.日本でマイナーなホメオパシーが花粉症改善にぴったりな事。
2.ドイツの花粉は飛ぶ範囲が狭かったりする。
3.部屋に閉じこもって、空気清浄機をかけてマスクをすれば、ほぼ改善される。
(日本のスギはこの程度では許してもらえませんでした。)
特に上に挙げた、ホメオパシーはとっても効きます。
そして、眠くなる、口が渇くなどといった、花粉症のお薬によくある、副作用がほぼありません。
ドイツの薬局で普通に買える、手軽な花粉症 薬と対策、ぜひ、お試しあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です